「食前」に食べる美味しいチョコサプリ

「食前」に食べる美味しいチョコサプリ

食事の前に食べることで、血糖値の上昇を緩やかに
食べ方の例
朝食 昼食 間食 夕食
食事前に2〜3粒 食事前に2〜3粒 小腹が空いた時や
夕食が遅くなりそうな時に
2〜3粒
食事前に2〜3粒
長時間の空腹後の食事は血糖値を上げやすく、脂肪に置き換わりやすくなります。
GI26ダークは、野菜並み(キャベツと同じ)の低GI!!
※ダイエットには、軽い運動を併用することをお勧めします。
( 摂取エネルギー < 消費エネルギー が必要です。)
・低GIで「血糖値スパイク」のリスクを低減!
・低GIは、血糖値の上昇が緩やかなので脂肪になりにくく、ダイエット効果も期待できます。
管理栄養士の98%が勧める低GIプレミアムベルギーチョコレート

管理栄養士の貴田都代子氏からコメントをいただきました。

空腹が続いた後、食べすぎて眠気に襲われたり集中力がなくなる経験。
良くありますよね。原因は、食後の血糖値の急上昇です。
食後の血糖値急上昇は、病気や肥満のリスクが高まる他、最近では認知症のリスクも高めるといわれています。
べジファースト等、食事の工夫で血糖値が上がりにくくなるとされていますが、時間に追われ、食事の工夫も難しい多くの人に、『食前に数粒口に入れるだけ』の手軽さで血糖コントロールができる低GIチョコ。
おいしくて効果の期待もできるお勧めのチョコレートです。

管理栄養士/アスリートフードマイスター1級 貴田都代子